« 髪頼み | トップページ | 手土産を頂く »

2012年3月 7日 (水)

休憩時間

Photo_7

携帯相手に1人でニヤけている。

|

« 髪頼み | トップページ | 手土産を頂く »

コメント

ふとんがふっとんだ (๑・`◡´・๑)

投稿: | 2012年3月 7日 (水) 08時58分

こちらこそ
毎朝、ニヤけさせて
もらってますw

投稿: WAQ | 2012年3月 7日 (水) 09時24分

おはようございます(^O^)
お~(≧∇≦)

私のコメに返事をm(_ _)m♪♪♪

今まさに、ニソニソしながら又コメしてる私が居ます(*^o^*)

投稿: ポン | 2012年3月 7日 (水) 10時47分

いつもコメ読んでくれて ありがとう
いつもコメ返信してくれてありがとう
そして
いつも面白いブログを ありがとう!

投稿: はちこ | 2012年3月 7日 (水) 11時24分

まさに今その状態です。
毎日楽しみに見ています♪

投稿: フラーリ | 2012年3月 7日 (水) 12時06分


こんなつまらない
コメントでよければ
毎日しますよ(*^^*)

投稿: ともみ | 2012年3月 7日 (水) 12時29分

YouTubeでのはしご臀部丸出しの巻を見てからすっかりしろめちゃんのとりこ。出会ってしまったぁ。めっちゃ可愛いと思う、ぱらぱら漫画。このブログサイトもお気に入りに入れてて、ほぼ毎日見てますわ!ストッキングを被って大笑いしてるしろめちゃんが好き。

投稿: YukaHun | 2012年3月 7日 (水) 12時47分

コメントを返してくれるのが嬉しくて
ついついコメント書いちゃいます♪

みなさんのコメントが面白いので
私も頑張ろうと思うんですけどなかなか…

私のコメントでもニヤけてもらえるように頑張ります!

投稿: きゅ | 2012年3月 7日 (水) 13時43分

俺も毎日しろめちゃんの芸術作品を見て大笑いしているよ!(ノ∀`)・゚・。 アヒャヒャヒャヒャ

投稿: シーモンキー | 2012年3月 7日 (水) 19時55分

> さん
真顔になりました。

>WAQさん
どうか理由を聞かれませんように。

>ポンさん
こんばんはございます。
こちらこそコメントありがとう。
ニソニソって新しい表現ですね。
ニンッ
は、伊藤四郎か。

>はちこさん
もう、もう、涙もろいので勘弁してください。
わたしのほうがありがとう。

>フラーリさん
なんて嬉しいお言葉。
わたしも毎日コメント楽しみです!

>ともみさん
わたしこそつまらん返ししか出来ませんが。
やりとりできるのが楽しいし、嬉しいです。

>YukaHunさん
はじめまして、コメントありがとうございます!
お気に入りにしてもらえて光栄です。
これからもよろしくお願いします。
テンションアップ!!

>きゅさん
頑張らないで。
もう、ほんとに、もう、コメントしてもらえるだけで贅沢なのです。
それともみんなで大喜利でもしてみますか。

>シーモンキーさん
芸術だなんて恐れ多い。
でもありがとう。
毎日、ありがとう。

投稿: しろめ | 2012年3月 7日 (水) 22時23分

僕?

投稿: けんけん | 2012年3月 7日 (水) 23時35分

あーなんかわかる~(^^)/
こらえきれないの(^笑^)

特にココ!
しろめちゃんがオモシロいこと描いてるから、みんなのコメもオモシロいのよね~

投稿: まつげ | 2012年3月 8日 (木) 08時13分

しろめちゃんはイラストだけでも
十分パンチあるけど
コメントがさらにピリリと効いてるから
癖になる。
日々の楽しみですよ〜♪
なくてはならない、しろめブログ。
愛ある、しろめ返しも
いつも嬉しく拝見してますよ。

投稿: りょぷ | 2012年3月 8日 (木) 12時37分

ポンさん、はちこさん、その他のみなさん
そうです!

毎日、しろめちゃんのイラストや
みなさんのコメとしろめちゃんのコメ返しに
元気もらってるよ!

ありがとうしか言えない

投稿: ペィジ | 2012年3月 8日 (木) 23時11分

>けんけんさん
You!

>まつげさん
ほんと鼻水吹くときあるんですけど。
楽しんでくれてありがとうです。

>りょぷさん
わたしはみなさまの愛に溺死寸前ですよ。
いつもありがとう。
毒を吐いて嫌われないよう気をつけます。

>ペィジさん
わたしこそ感謝の気持ちでいっぱいです。
当たり前のようにみんな遊びに来てくれるけど。
わたしにとっては感動すべき出来事の重なり。

投稿: しろめ | 2012年3月10日 (土) 18時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 髪頼み | トップページ | 手土産を頂く »