« 興味 | トップページ | 電車で新聞 »

2010年11月 2日 (火)

滅入ってます

Photo_3

ゴキブリの出現回数をカウントしている。

週1ペースで会ってます。
恋人か!っちゅー話です。

もはや安住の地など無い。

良い駆除の方法、進入を阻止する方法があれば教えてください。
因みに賃貸の契約書にはバルサン禁止と書いてありました。

|

« 興味 | トップページ | 電車で新聞 »

コメント

コンバット が一番いいらしいよ~
そーいやぁ、ここんとこ うちも 週一だったわ(笑

投稿: こーじ | 2010年11月 2日 (火) 09時56分

実家に住んでいる頃、うちの母はゴキブリホイホイに毎日何匹しとめられているか見るのを楽しみにしていました(笑)
かなりとれていたけど、それはそれでかなりキモチ悪かったです(-_-;)

投稿: | 2010年11月 2日 (火) 13時19分

あ、すみません、さっき名前かき忘れました!

投稿: あーこ | 2010年11月 2日 (火) 13時20分

泥棒が侵入してバルサンをしていった!!
と、言い張りましょうww

投稿: まんぼん | 2010年11月 2日 (火) 17時55分

ああ、しろめちゃん。それ出すぎ~。
私は昔↓ここのサイトに嘆き、対処法をアドバイスしてもらいました。いろんな人の体験が載ってて勉強になるし戦う気力を得られます!

ゴキブリ退治物語~ああ、美しきゴキブリの世界!~
http://goki.jp/

私は引越しの時は基本、荷物入れる前にバルサン。でもそれが出来ないのね。
コンバットはもちろん、出た時はゴキジェットが強力。

もう少し寒くなったら居なくなる筈頑張れ―up

投稿: たぁ。 | 2010年11月 2日 (火) 21時11分

>こーじさん
慣れてそうですね・・・。
コンバットはたくさん設置しています。
その臭いで招き寄せてしまうという説も聞きました。
だとしたら恐ろしい。

>あーこさん
ゴキホイを楽しめるとは、肝っ玉母さんです。
私にとっては『集めてどないすんねん』と思う商品です。

>まんぼんさん
親切な泥棒ですね。
泥棒でもいいから、誰か部屋に一緒に居てほしい。

>たぁ。さん
アドバイスありがとうございます。
ハエジェットだから一発で死なないのかな。
そのサイトからあちこちさ迷ってみました。
こんな一文がありました↓

『1匹の雌から1年の終わりには100,000匹のゴキブリが発生します。』

もう地球を諦めたいです。

投稿: しろめ | 2010年11月 2日 (火) 21時50分

ホウ酸団子です!ホウ酸団子!

作ってると美味しそうに見えますが、絶対食べちゃダメですヨ。

投稿: つむりん | 2010年11月 2日 (火) 21時56分

バルサンよりもコンバットかゴキブリキャップがいいですよ。
だからバルサン焚けなくても無問題~。

せっかく一人暮らし始めたのにねぇ。。。
厄介な敵ですが負けずにがんばって!


投稿: にゃ | 2010年11月 2日 (火) 23時53分

一応、「生きた化石」なんですけどねぇ。

投稿: けんけん | 2010年11月 3日 (水) 01時15分

昔ゴキジェットで瀕死のGが行方不明になって
次の年に棚の下に手を入れたら乾燥したGを
掴んでしまったという・・・
なので今は部屋の四隅や窓のとこに
なにかの儀式のようにホウ酸団子を配置し
新入りをシャットアウト!

投稿: ニジニジ | 2010年11月 3日 (水) 01時37分

>つむりんさん
なんだか餌付けみたいに思えてきました。
ゾワッ

>にゃさん
応援ありがとう。
強くなります。
コオロギだと思います。
コンバット増設しようかな。

>けんけんさん
あ。
私、古代生物は好きなんです。
そういう視点で見ればちょっとマシかも!

>ニジニジさん
ぎゃー!!
感触を想像しました。
遺体は回収しないと危険ですね。
やっぱ結界を張らんとあかんね~。

投稿: しろめ | 2010年11月 3日 (水) 13時35分

名前がいけない...。
「せせらぎ」とか「ささやき」っていう名前が付いていれば、
扱いが変わってたかもしれない(ーー;
って、何かの小説に書いてありましたよ。

これからそう呼んであげれば、、、
憎しみから愛に変わるかもしれませんよ!?

投稿: さげつ | 2010年11月 5日 (金) 10時04分

なるほど、せせらぎってソフトでいいですね。
私は最近『昆虫』と呼んでいます。
殺すより虫取り網のほうがいいのではと思うようになりました。
まだ愛は芽生えません。

投稿: しろめ | 2010年11月 7日 (日) 23時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 興味 | トップページ | 電車で新聞 »